Now Loading...

Now Loading...

フーッ...、ちょっと休憩。
と、作業の合間にお茶を飲むとき。

皆さんは、ペットボトルをキュッと捻って、片手でゴクッといく派でしょうか?

手軽でたいへん便利ですが、日本の茶文化において何時もペットボトルのお茶では、もったいない。

せめて室内でお茶を飲むときは、茶葉から淹れた新鮮なお茶を、お気に入りのうつわで味わって頂たいものです。




茶葉の産地や種類はモチロン、淹れる温度や人も変わると、不思議と感じる味が違うのです。

さらに「うつわ」という大きな要素が含まれます。

口当たり、手に取った持ちやすさ、伝わる温かさ、見えるお茶の色。。

茶葉を蒸らす急須も大事ですが、取っ替え引っ換えて数をたくさん楽しめるのは湯呑みでしょう。

今回の「うつわのイロハ」は、自分のお気に入りの湯呑みを見つけて頂くためのご紹介をしたいと思います。
そして、美味しいお菓子がついてくれば、お茶が一層美味しくなりますね。
 



湯呑みをワンランクアップさせるには、茶托やコースターに載せてみましょう。

写真の湯呑み、実は蕎麦猪口です。愛媛県砥部焼の代表的な唐草模様が描かれた蕎麦猪口。

重なりの良い丈夫なうつわ、蕎麦猪口。蕎麦つゆだけではなく、お茶やおかずをいれてもいいのです。

昔からそうして庶民の間で使われてきた民藝品です。ただ、お客様にお出しするとすれば、そのまゝではなく一工夫。袋に入ったお菓子も同様。開いてお客様が召し上がるかどうかは別として、皿に載せてお出しすると上品です。中のお菓子を皿に移し替えてもらえば、美味しそうに見えますね。お菓子もきっと喜びます。

お茶とお菓子の味が合うように考えたり、茶托やお皿の色や模様もコーディネートしてみる。そんな想像力がおもてなしだと思います。むつかしく茶の湯の世界と構えなくても、テーブルの上で十分愉しめます。










以前戴いた和食懐石の蒸し物に、大ぶりの湯呑みが使われていたこともありました。

季節は夏でしたので、冷した葛流しでした。
載せたお皿は錫製で、キラキラと輝く金属の光が涼感を与えてくれます。
 
 


こちらは土物の湯呑み。ころんとした素朴な味わいの湯呑みです。
だんだん茶渋がついてくると、全体的に落ち着いた風格がでてきます。陶器の表面に「貫入(かんにゅう)」よばれるヒビの線が目立ってきますが、それもまた味わいだと思って使うのが土物の良さでしょう。
こういう筒型の縦長の形は、お茶が冷めにくく、香りがよく立ち上る特長があります。ほうじ茶、黒豆茶、コーヒーなどが美味しいですよ。

 


お寿司屋さんで出てきそうな、ドッシリした大きな湯呑み。
沖縄ですから、アイスコーヒーやビール用として作られたかも?なんくるないさー(方言でなんてことない)の大らかなフリーカップですね。
沖縄では、ジャスミン茶に似た「さんぴん茶」を飲むのが一般的。黄色いお茶なので、内側が白くて外側はカラフルな湯呑みが合います。








少し小さめの縦長のお湯呑みです。
魚紋の湯呑みは「沖縄神谷理加子 やちむん」ですが、他は「九州小石 原焼 太田万弥窯」「小鹿田焼 黒木力窯」絵付けではなく、刷毛目や飛びかんなで焼物の表面に丁寧に加飾してあるところが似ています。

 

やさしい色遣い、たおやかな湯呑みです。
青紫色のシャープなデザインは「京都 東好美」他のやわらかな湯呑みは「唐津 木俣薫」どちらも女性の個人作家です。
うつわには作り手の雰囲気が現れます。

浅くて平べったい湯呑みを特に「汲み出し(碗)」とよびます。
少し冷ましたお湯で淹れる日本茶、一度にタップリ飲まない煎茶、玉露に向いています。


 



まだまだご紹介しきれない、たくさんの湯呑みが存在します。陶磁器製の湯呑みだけで、これだけ豊富にある日本の茶文化にはあらためて感心します。

ハンドル(取っ手)が付いたカップが海外から導入されるまで、日本の飲物をいれるうつわは、手で包み込むような突起物のない素直なカタチの湯呑みしか存在しませんでした。

自然と両手を添えて押し戴く姿が身についている、日本人の茶の湯の美しい作法。便利な世の中になっても絶えることなく大事に伝えていきたいですね。